安房直子記念〜ライラック通りの会

童話作家 安房直子さんの世界を語り継ぐ

童話作家 安房直子さんの世界は、時代を越えて多くの人の心によりそい続けてくれます。
その豊かさをまだ知らない子供たちや、若者、大人たちに、
安房直子さんの作品が広く読み継がれていってほしいと、私たちは願っています。
そのためのいろいろな活動をみなさんと一緒にやっていきたいと、この会を立ち上げました。


新世話人が加わりました。どうぞよろしく!

世話人 石川珠美 松多有子 蓮見けい
スタッフ 永田陽二  イラスト 仁藤眞理子
  事務局 安房直子記念~ライラック通りの会 awanaoko.lilac@gmail.com

記録誌「こみち」会計報告

記録誌「こみち」多数のお申込みを頂きまして、ありがとうございました。下記のとおり会計報告をいたします。尚、今回ご寄付頂きました方のお名前は、郵送版ブログにてご報告いたします。大変ありがとうございました。 6月末までに、お振込み頂いた方には全…

『こみち』2号・3号の最終お知らせ

記録誌『こみち』2号・3号、申込締切が迫ってきました ・お申し込み方法は、本記事の末尾に再掲してあります。 ・諸経費の都合上、ご予約いただいた冊数のみの印刷となります。 申込期日以降の頒布は予定しておりませんので、ご了承ください。 2号は、前…

安房直子のお料理会、ご報告

◎安房直子のお料理会ご報告 *火星年代記さんコメント *参加者のみなさんからのコメント *お料理会 会計報告 ◎安房直子のお料理会ご報告 5月15日(日)、火星年代記さん(Twitter ID:@rayray23250052)をお招きして、新松戸「おうちスペースflat」さんにて、…

記録誌『こみち』2号3号、引き続き予約受付中!!

◆おかげさまで、「こみち」 2号、3号(5月末発行予定)は順調に進んでいます ライラック通りの会 会員の方のみの完全予約頒布、 予約申し込み受付中 申込み手順は下記をご覧ください。 ◆「こみち」3号のご紹介 昨秋開催の「秋の日に~安房直子さんのエピ…

「こみち」1号、特別頒布終了のお知らせ

15部限定で特別頒布しておりました「こみち」1号のお申込みが、予定冊数に達しましたので、頒布終了とさせて頂きます。 「こみち」2号、3号は、5月31日締切日まで、引き続き、ご予約受付中です。 こちらも完全予約頒布となっておりますので、是非この機…

安房直子さんの人と作品をたどる~記録誌「こみち」発行のお知らせ

◆「こみち」 2号、3号 同時発行 5月末予定 ライラック通りの会会員の方のみの完全予約頒布、 本日より、申込み予約開始! 詳細は下記をご覧ください。 「こみち」2号、3号、各号ともに 頒価1,300円(送料込)です。 ご予約締切:5月31日(火) お振込…

2021年度全体運営会計報告、記録誌「こみち」発行と「春のお料理会」のお知らせ

2021年度全体運営 会計報告 下記のとおり2021年度全体運営 会計報告をいたします。5名の方にご寄付をいただきました。大変ありがとうございました。ご芳名については、郵送版ブログにて記載させていただきます。 収入 支出 残金 前年度繰越 ¥16,409 寄付金ほ…

2022年1月、2月の会計報告

2022年1月9日開催「1月文庫の会」と、2月27日開催「冬の朗読会」の会計報告です。皆さま、ご参加ありがとうございました。 ◆1月文庫の会 会計報告 収入 支出 残金 参加費(10名×504円) 5,040 ZOOM使用料 2,200 通信・事務費 84 イラスト謝礼 600 5,040 2,88…

春の文庫の会「安房直子のお料理会」(※火星年代記さんとの共同開催)参加者募集!!

安房直子さんの作品に登場するお料理を、実際に作ってみようという、夢のような企画です。Twitterで、『小鳥とばら』のパイを実作されていた火星年代記さん(Twitter ID:@rayray23250052)をお招きしました!! ※画像は火星年代記さんよりお借りしました 日…

「山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」 ご報告

2月27日、ZOOMウェビナーによるリモート朗読会、山の童話集『風のローラースケート』を聴く会を開催いたしました。 申込視聴者63名、北は山形から、南は福岡まで、岡山、長野、愛知、福井、京都など、関東圏だけでなく、ZOOMならでは、日本全国からのご視聴…

リモート朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」申込締切は2/20です!!

リモート朗読会の本番に向けて、今日もスタッフ、出演者、ともに、練習に励んでおります。 今回、通しで、主演者の皆さんの朗読をお聴きして・・・ もう、はやく、視聴者の皆さんにお届けしたくてたまりません!! トップバッターは、劇団ストーリーテラーズ…

冬の朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」をZOOM開催します!!

2022年2月27日(日)14時より、冬の朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」を開催します!! ウェビナー形式での視聴となり、お客さまのお顔は映りませんので、ちょっと見てみたいと思われた方もお気軽にご参加ください。 ◎日時・…

1月ライラック文庫の会ご報告

1月10日(日)、 ZOOMにて、ライラック文庫の会を開催しました。 参加者は13名(内スタッフ3名)、 常連さんも定着しつつ、新規でのご参加もありで、会の広がりを感じました。 参加者の方のおひとりの、「ひめねずみとガラスのストーブ」のひめねずみの…

文庫の会<1月9日(日)>ZOOM開催のお知らせ ほか

だんだん寒くなってきましたね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 ライラック通りの会では、オンラインでの文庫の会を1月に開催予定。参加者を募集中です!! ◎1月文庫の会 ZOOM開催 参加者募集中!! ◎冬の朗読会のお知らせ ◎記録誌『こみち』2号・3号…

「秋の日に~安房直子さんのエピソードを語る」ご報告

◆「秋の日に~安房直子さんのエピソードを語る」ご報告 10月17日(日)、「秋の日に~安房直子さんのエピソードを語る」会を 14時より16時30分まで、ZOOMウェビナーにて開催いたしました。 参加者は38名、出演者4名、スタッフ1名(2名出演)で、総勢43名…

申込期限は今月12日です  秋の日に~安房直子さんのエピソードを語る

日時:2021年10月17日(日) 14:00~16:30 ZOOMウェビナーでのオンライン開催 *申込期限は、10月12日(火)です* 参加申し込みは こちら まで:「質問したいこと」がありましたら、2行程度でお書きください。幾つかの質問に、お話の中で答えて頂きます。…

秋の日に~安房直子さんのエピソードを語る 開催のお知らせ

安房直子さんと長年にわたり親交のあった「海賊」同人・「花豆の会」世話人の3名の方が、安房さんのこと、安房作品にまつわるエピソードを語ります 安房直子さんは日本女子大学卒業後、大学院の聴講生として山室静先生の児童文学特論のゼミに参加、そこでゼ…

7月 ライラック文庫の会ご報告

7月11日(日)、ZOOMにて、 ライラック文庫の会を開催いたしました。 参加者は9名(内スタッフ2名)、 3時間があっという間の、 気の置けない、なごやかな会となりました。 〇安房直子作品論「一回性と永遠性~切なさと憧れを描き切る、そのわけを解きほぐ…

文庫の会<7/11(日)>ZOOM開催のお知らせ ほか

コロナ禍で、まだまだ油断のできない毎日ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか? ライラック通りの会では、引き続き、オンラインでの文庫の会開催を企画しております。 ◎7月ライラック文庫の会ZOOM開催のお知らせ ◎安房作品収録:「石の文学館 ─鉱物の…

「春の日に安房直子のラブ・ストーリーを聴く会」ご報告

3月28日の桜の花の満開の日に、オンライン朗読会「春の日に安房直子のラブ・ストーリーを聴く会」を開催いたしました。初めてのZOOM開催ということでしたが、日本全国から65名もの方にお聴きいただくことができました。5人のさまざまな個性の読み手が安房直…

安房直子作品「まほうをかけられた舌」が天声人語に掲載されました

2021年2月28日の朝日新聞「天声人語」に、安房直子作品「まほうをかけられた舌」が紹介されました。 「まほうをかけられた舌」は、1970年に『海賊』17号に掲載されました。食べたものすべて、どんな隠し味でもわかるようになる舌をこびとの魔法によって手に…

春の会のZOOM接続テストを3/14に行います

3月28日(日)に開催予定の朗読会「春の日に安房直子のラブストーリーを聴く会」も、いよいよ今月の開催となりました。 当日はオンラインのZOOMでの開催となりますので、ご自分のパソコンや携帯の環境から見られるかどうかご不安な方もいらっしゃると思いま…

春の会・「春の日に安房直子のラブストーリーを聴く会」を開催します!

2021年3月28日14時より、安房直子作品の朗読会「春の日に安房直子のラブストーリーを聴く会」をオンラインにて開催いたします! 本来であれば会場で開催する予定でしたが、コロナ禍の状況を踏まえZOOMによるオンラインでの開催とすることにいたしました。安…

1月 ライラック文庫の会のご報告

1月23日に、「1月ライラック文庫の会」を開催いたしました。 コロナ禍を受けてZOOMによるオンラインの開催でしたが、9名の方にご参加いただき、安房作品について語り合うことができました。作品論の発表、単行本未収録作品の朗読、懇談と盛りだくさんでした…

1月・ライラック文庫の会開催のお知らせ

明けましておめでとうございます。 2020年は、コロナ禍の中でどのように活動していくか模索した年でした。まだまだ大変な時期は続きますが、安房直子作品の素晴らしさをより広めていくために、スタッフ一同がんばってまいります。 2021年は、今月1月23日(土…

10月 ライラック文庫の会 ご報告

2020年10月31日(日)、「10月・ライラック文庫の会」をZOOMにて開催しました。参加者は9名(内スタッフ4名)で、初めてのオンラインでの催しでしたが、安房直子作品の作品論の発表や、単行本未収録作品の朗読を混じえ、和やかな雰囲気で安房直子ワールド…

日経プラスワンで安房直子さんのことが紹介されました!

2020年10月10日の日経新聞プラスワン「ご当地 食の旅」で、安房直子さんの『花豆が煮えるまで』が紹介されました。ライラック通りの会世話人、蓮見が取材を受けております。

安房直子記念~ライラック通りの会  お知らせ3つ

★まだまだ暑い毎日、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?今年度のライラック通りの会「秋の会」は、コロナ禍等の諸事情により、開催を見送ることにいたしました。残念ですが、ご了承ください。 ★そこで「10月・ライラック文庫の会」を、Zoomを試験的に使っ…

今後の予定について

コロナ禍で慌ただしい世の中ですが、皆さんお変わりありませんか? これから2、3年は状況が安定しないかもしれませんが、無理のない範囲で会の開催を致しましょう。具体的な見通しについてですが、新型コロナの状況が安定/改善した場合、マスク着用、先着1…

秋の会 「“海”が舞台の安房直子作品の読書会」のご報告

2019年10月20日(日)午後2時から保谷駅前公民館において、ライラック通りの会・秋の会を開催しました。参加者は18名(内スタッフ5名)、遠方からの方、親子二代でファンという方もいらっしゃいました。半数の方は初参加でファンの広がりを感じました。 会場に…