安房直子記念〜ライラック通りの会

童話作家 安房直子さんの世界を語り継ぐ

童話作家 安房直子さんの世界は、時代を越えて多くの人の心によりそい続けてくれます。
その豊かさをまだ知らない子供たちや、若者、大人たちに、
安房直子さんの作品が広く読み継がれていってほしいと、私たちは願っています。
そのためのいろいろな活動をみなさんと一緒にやっていきたいと、この会を立ち上げました。


新世話人が加わりました。どうぞよろしく!

世話人 石川珠美 松多有子 蓮見けい
スタッフ 永田陽二  イラスト 仁藤眞理子
  事務局 安房直子記念~ライラック通りの会 awanaoko.lilac@gmail.com

春の文庫の会「安房直子のお料理会」(※火星年代記さんとの共同開催)参加者募集!!

安房直子さんの作品に登場するお料理を、実際に作ってみようという、夢のような企画です。Twitterで、『小鳥とばら』のパイを実作されていた火星年代記さん(Twitter ID:@rayray23250052)をお招きしました!!

f:id:lilac-dori:20220306094432j:plain

※画像は火星年代記さんよりお借りしました

 

日時:2022年5月15日(日)12時~17時

会場:おうちスペースflat(千葉県松戸市新松戸3-178-2 )

定員:先着10名           

会費:2500円

メニュー:

★小鳥とばらのパイ『小鳥とばら』

★あわだつ緑色ののみもの『緑の蝶』

★月のようにまるいプリン『サフランの物語』

★ロシア紅茶『あるジャム屋の話』

★すみれの花の砂糖漬け『コンタロウのひみつのでんわ』『月夜のテーブルかけ』

※砂糖漬け持ち帰り用の硝子小瓶・紅茶ティーバッグお土産つき。

 

持ち物:

・面相筆・エプロン・雑巾・必要なら持ち帰り用ジップロック

・主催者側で砂糖漬け用のパンジーを用意しますが、お庭にすみれが咲いている方は、ぜひ、お持ちください。

 

先着順で、受付いたしますので、お早めにお申込みください。

f:id:lilac-dori:20220306094148j:plain

※画像は火星年代記さんよりお借りしました

f:id:lilac-dori:20200823174613j:plain