安房直子記念〜ライラック通りの会

童話作家 安房直子さんの世界を語り継ぐ

童話作家 安房直子さんの世界は、時代を越えて多くの人の心によりそい続けてくれます。
その豊かさをまだ知らない子供たちや、若者、大人たちに、
安房直子さんの作品が広く読み継がれていってほしいと、私たちは願っています。
そのためのいろいろな活動をみなさんと一緒にやっていきたいと、この会を立ち上げました。


新世話人が加わりました。どうぞよろしく!

世話人 石川珠美 松多有子 蓮見けい
スタッフ 永田陽二  イラスト 仁藤眞理子
  事務局 安房直子記念~ライラック通りの会 awanaoko.lilac@gmail.com

文庫の会<7/11(日)>ZOOM開催のお知らせ ほか

コロナ禍で、まだまだ油断のできない毎日ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

ライラック通りの会では、引き続き、オンラインでの文庫の会開催を企画しております。

 

◎7月ライラック文庫の会ZOOM開催のお知らせ

~みんなで、たのしく、語りあいましょう!!

     f:id:lilac-dori:20210430202526j:plain

日程:2021年7月11日(日)午前10時~午後1時

※一週間前の7月4日(日)に接続テストを実施します。

参加費:504円(※84円切手6枚をお送りください)

お申込みいただいた方に参加費送付先をご連絡します。

お申込み先:awanaoko.lilac★gmail.com

(★を@にしてお送りください)

定員:10名前後(先着順)

プログラム:

安房直子作品論

「一回性と永遠性~切なさと憧れを描き切る、そのわけを解きほぐす~」(発表 加藤はるこ)

取り上げる主な作品:「花のにおう町」「きつねの窓」「三日月村の黒猫」等

f:id:lilac-dori:20210520203828j:plain

安房直子単行本未収録作品朗読

「水あかり」(朗読 石川珠美)

◎懇談

※文庫の会参加URL及びZOOMの操作方法、タイムスケジュールなどの詳細は、お申込みいただきました方に個別でメールをお送りします。

f:id:lilac-dori:20210430203218j:plain

 

 

安房作品収録:「石の文学館 ─鉱物の眠り、砂の思考」和田博文・編(ちくま文庫)が発売!

安房直子さんの作品「奥さまの耳飾り」が、宮沢賢治安部公房草野心平柳田國男芥川龍之介らの物語とともに掲載されています。うれしいですね。

924円(税込)4/12発売

石の文学館 鉱物の眠り、砂の思考(ちくま文庫)

 

秋の会 ~ 安房直子さんのエピソードを語る 2021年10月 ZOOMで開催予定

f:id:lilac-dori:20200831124655j:plain

安房直子さんと 同人誌「海賊」等で親交のあった「花豆の会」元世話人3名が、安房直子さんのこと、作品との出会いなど、を語ってくれます。

安房さんの直筆原稿や写真、初期の作品の初出同人誌も紹介予定です。

日時や申し込み方法等の詳細は、8月にブログでお知らせします。お楽しみに!

 

安房直子