安房直子記念〜ライラック通りの会

童話作家 安房直子さんの世界を語り継ぐ

童話作家 安房直子さんの世界は、時代を越えて多くの人の心によりそい続けてくれます。
その豊かさをまだ知らない子供たちや、若者、大人たちに、
安房直子さんの作品が広く読み継がれていってほしいと、私たちは願っています。
そのためのいろいろな活動をみなさんと一緒にやっていきたいと、この会を立ち上げました。


新世話人が加わりました。どうぞよろしく!

世話人 石川珠美 松多有子 蓮見けい
スタッフ 永田陽二  イラスト 仁藤眞理子
  事務局 安房直子記念~ライラック通りの会 awanaoko.lilac@gmail.com

2022年1月、2月の会計報告

2022年1月9日開催「1月文庫の会」と、2月27日開催「冬の朗読会」の会計報告です。皆さま、ご参加ありがとうございました。

f:id:lilac-dori:20211127203127j:plain

◆1月文庫の会 会計報告

   収入  支出  残金
参加費(10名×504円)     5,040    
ZOOM使用料        2,200  
通信・事務費            84  
イラスト謝礼          600  
      5,040     2,884     2,156

*残金は全体会計へ繰り入れます。

◆冬の朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」 会計報告

   収入  支出   残金
参加費(63名×1000円)     63,000    
ご寄付     10,000    

出演者へのお支払
(チケットバック制)

   19,499  
構成・演出謝礼      15,000  
ウェビナー画面操作・進行謝礼    10,000  
朗読タイトルイラスト謝礼      5,000  
ZOOM使用料(1月・2月使用料)    25,740  
チラシ印刷・送料         2,860  
通信・事務費         3,070  
      73,000      81,169     -8,169
  • 赤字額は全体会計より補填します。

  • 「冬の朗読会」宛てに指定寄付として匿名の方からご寄付頂きました。また全体会計宛にも、匿名で1万円のご寄付を頂いております。ありがとうございました

◆次回ブログの予告

次回は、発行が間近にせまった記録誌「ライラック通りの こみち 」2号、3号と、5月開催予定の春の文庫の会「安房直子のお料理会」についてお知らせします。
どうぞお楽しみに!

  • 春の文庫の会「安房直子のお料理会」は、受付を開始しており、既に残席が1席となっております。ご関心のある方は、お早めにお問い合わせください。

春の文庫の会「安房直子のお料理会」(※火星年代記さんとの共同開催)参加者募集!!

安房直子さんの作品に登場するお料理を、実際に作ってみようという、夢のような企画です。Twitterで、『小鳥とばら』のパイを実作されていた火星年代記さん(Twitter ID:@rayray23250052)をお招きしました!!

f:id:lilac-dori:20220306094432j:plain

※画像は火星年代記さんよりお借りしました

 

日時:2022年5月15日(日)12時~17時

会場:おうちスペースflat(千葉県松戸市新松戸3-178-2 )

定員:先着10名           

会費:2500円

メニュー:

★小鳥とばらのパイ『小鳥とばら』

★あわだつ緑色ののみもの『緑の蝶』

★月のようにまるいプリン『サフランの物語』

★ロシア紅茶『あるジャム屋の話』

★すみれの花の砂糖漬け『コンタロウのひみつのでんわ』『月夜のテーブルかけ』

※砂糖漬け持ち帰り用の硝子小瓶・紅茶ティーバッグお土産つき。

 

持ち物:

・面相筆・エプロン・雑巾・必要なら持ち帰り用ジップロック

・主催者側で砂糖漬け用のパンジーを用意しますが、お庭にすみれが咲いている方は、ぜひ、お持ちください。

 

先着順で、受付いたしますので、お早めにお申込みください。

f:id:lilac-dori:20220306094148j:plain

※画像は火星年代記さんよりお借りしました

f:id:lilac-dori:20200823174613j:plain





「山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」 ご報告

f:id:lilac-dori:20220306151438j:plain

2月27日、ZOOMウェビナーによるリモート朗読会、山の童話集『風のローラースケート』を聴く会を開催いたしました。

申込視聴者63名、北は山形から、南は福岡まで、岡山、長野、愛知、福井、京都など、関東圏だけでなく、ZOOMならでは、日本全国からのご視聴ありがとうございました!!

朗読者4名、ZOOMの画面からの見え方を計算にいれた、実験的な演出を試みる演者も。画面いっぱい、躍動感あふれる熱演でした。

 

朗読を終えてのご感想を、いただきましたので、以下、ご紹介します。

 

◆出演者の感想

1.「風のローラースケート」(朗読 森田麻知代)

永田さんが「風のローラースケート」に出会わせてくれたのが数年前。読んでみてあまりの面白さに「これは読みながら走る(滑る)しかない!」と思いました。

読むたびに山の住人たちと仲良くなれるような、そんな気がするお話です。
今回はリモートということで、コロナ禍の中で得たデジタルの知識を総動員してみましたが、安房さんの世界観をどのくらい出せたでしょうか…。
いつか自分でベーコンを作ろうと思いました。あっ、いたちには気を付けます。

f:id:lilac-dori:20220227200716j:plain

f:id:lilac-dori:20220227200745j:plain

 

2.「谷間の宿」(朗読 永田陽二)

7年前に八王子のお寺での「安房直子のこわ〜い話を聴く会」で演じて以来、配信バージョンに造り変えての再挑戦。安房作品の中でも屈指の異色作ですが、食べ物の描写や異形の生き物との不思議な交流などがいつもの作者のテイストを醸し出していますね。作中の蛾の歌は歌詞が無いのでハミングで作曲いたしました。あと、主人公の応援歌は「鉄道唱歌」でした。ががががが〜

f:id:lilac-dori:20220227200825j:plain

f:id:lilac-dori:20220227200929j:plain

 

3.「花びらづくし」(朗読 野田香苗)

桜林の中の「さくら屋」には、私も女なので一度は行ってみたくなりますね。美しいものへの憧れにワクワク感が募ります。安房さんが描く魅惑的な美しい桜の世界。でも、ひけどきが肝心という戒めのメッセージも忘れてはいけませんね。春を待つ頃にふさわしいお話をご紹介出来た今回に、心より感謝しています。山の童話集「風のローラースケート」を読んでくださると物語の登場人物の関連性も分かり、また楽しんでいただけると思います。ぜひ!

f:id:lilac-dori:20220227201040j:plain

f:id:lilac-dori:20220227201007j:plain

 

4.「てんぐのくれためんこ」(朗読 安倍久美子)

このたびは出演の機会をいただき、本当にありがとうございました
初めてのリモート公演でとまどうこともありましたが、無事に終えることができてホッとしています。
『てんぐのくれためんこ』は劇団の公演で何度か取り上げましたし、自分自身のレパートリーとしても上演していますが、演じるたびに感じることが違いますね。
特に今回は子どもが誕生したこともあり、これまではあまり気に留めていなかった“子ぎつねを思う親ぎつねたちの心情”にも感じ入るところがありました。
優しくて奥深い安房さんの世界を、これからもみなさんに伝えていけたらいいなと思っています!

f:id:lilac-dori:20220227201118j:plain

f:id:lilac-dori:20220227184003j:plain

***********************************************

◆視聴者の皆さまからのご感想

安房直子さんの作品の魅力が詰まっていて、楽しませていただきました! 本もまた読み直そうと思います。素敵な時間をありがとうございました。(伊藤朱美)

・どれも知らなかった話で、安房さんというと悲しい印象があったのでコメディタッチの話が多かったのが意外です。もっと読んでみたい。(小枝なみ)

・皆さんどなたも素晴らしい熱演に引き込まれ楽しませていただきました 自分で読むのも楽しいですけど、人に読んでもらうというのも良いもんですね 貴重な機会をありがとうございました (Laurie)

躍動感の溢れた楽しい朗読会! 狡猾だけど可愛いイタチ、不気味な蛾、桜の妖精、迫真にせまる子ぎつね達とのめんこ勝負最初から最後まで目が離せない面白さでした。私の中の安房直子さんの作品のイメージとは、また違う面白さを魅せて頂けて、もっと他の作品も聴いてみたいと思いました。来年も楽しみにしています。(Kikyoya)

***********************************************

嬉しいご感想をありがとうございました!!

今年は、山の童話集『風のローラースケート』8編のうちから4編、朗読をしたので、来年は残りの4編を演ってみたい、と、演出の永田陽二さん。

また、タイトルパネル製作から、出演しながらのZOOMのスイッチングまでご担当くださいました森田麻知代さん、本当にありがとうございました。

そして、生き生きとしたタイトルパネルのイラストを描いてくださった仁藤眞理子さんに、心から感謝いたします。

来年の冬の朗読会も、どうぞ、お楽しみに!!

 

リモート朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」申込締切は2/20です!!

f:id:lilac-dori:20220207142315j:plain

リモート朗読会の本番に向けて、今日もスタッフ、出演者、ともに、練習に励んでおります。

今回、通しで、主演者の皆さんの朗読をお聴きして・・・

もう、はやく、視聴者の皆さんにお届けしたくてたまりません!!

 

トップバッターは、劇団ストーリーテラーズでもご活躍されている俳優森田麻知代さんによる「風のローラースケート」。

峠の茶屋の茂平さんは、美味しい美味しいベーコンをつくるのですが、それをいたちに横盗りされて・・・? 表情豊かな森田さん演ずる、いたち二匹と茂平さんのかけあいが、なんともユーモラス!! そして、美味しそう・・・!!

f:id:lilac-dori:20220207142335j:plain

 

続いて、今回の朗読会の演出・構成も担当くださった俳優、永田陽二さん、「谷間の宿」。

永田さんは、劇団ストーリーテラーズでも、演出をされています。

ZOOMならではの画面をフルに活用した、シュールな演出!! 私は、ウルトラQを思い出しました!! ぞっとさせられること、間違い無し。鏡にご注目!!です。

f:id:lilac-dori:20220207142354j:plain

 

続いて、「和みの風」主宰の朗読家、野田香苗さんが続きます。

演目は、しっとりと「花びらづくし」。

さくら屋を知ってますか? さくら爛漫と咲く中、不思議なさくらの精による、魅惑的なさくらの市に招待された「わたし」が、思わぬ事態に巻き込まれます・・・!

f:id:lilac-dori:20220207142413j:plain

 

そして、トリは、劇団ストーリーテラーズの座長、安倍久美子さん、「てんぐのくれためんこ」。

めんこが下手なたけしは、てんぐに、特製のめんこを貰います。

そうして、きつねの子たちから、どんどんめんこを巻き上げていくのですが・・・??

打楽器と鈴の演出が印象的です!! そして、ぶどうジュースが美味しそう!!

f:id:lilac-dori:20220207142426j:plain

 

本番は、2022年2月27日(日)14時~16時。

参加費は、たったの、1000円です。

 

ZOOMウェビナーですから、お席の上限はありませんので、

どんどん、お申込みください。

申込期限は、2月20日(日)です!!

そして、

ZOOMウェビナー開催ですから、お客さまのお顔は映りません。

TVのように、おたのしみいただけます。

そして、そして、

ZOOMウェビナー開催の良いところは、

日本全国どこからでも、ご自宅からお気軽に、ご観覧いただけることです!!

 

みなさん、下記のリンクから、

どうぞ、ふるって、ご登録ください~!!

◎ご参加の流れ

①はじめに、参加費をお振り込みください。

  【参加費】1000円

  【振込先】ゆうちょ銀行

  ・店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 

  ・店番:008

  ・預金種目:普通預金

  ・記号:10030
  ・口座番号:3317591(7ケタ→ゆうちょ銀行以外からのお振込の場合)
  ・番号:33175911(8ケタ→ゆうちょ銀行からのお振込の場合)
  ・名前:ライラックドオリノカイ

②次に、下記の登録受付フォームのリンクから、お名前・連絡先・振込日などを登録ください。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_GzNUPmqoSES5bcIjvOe8WQ

※出演者からご紹介された方は、どなたの紹介か記入できる欄に、出演者のお名前を記入してください。「*」マークのある項目入力は必須ですが、末尾の質問・ひとこと欄への入力は任意です。

【振込締め切り】2/20(日)

③振り込み確認ができ次第、当日の視聴URLが届きます。

 ※手作業で確認しますので、数日かかる場合があります。あまりに遅いようでしたら、事務局(awanaoko.lilac@gmail.com)までお問い合わせください。 

④当日(2/27(日)14:00~)、視聴URLをクリックして、会をお楽しみください!

 当日の遅刻参加や早退は、ご自由にできますので、事務局へのご連絡は不要です。

 【ご注意ください】

当日の視聴URLは、ZOOMからお送りします。

送信アドレス:no-reply@zoom.usからのメールを受信できるように、設定をお願いします。

f:id:lilac-dori:20220111132059j:plain

 

冬の朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」をZOOM開催します!!

f:id:lilac-dori:20220111132059j:plain

2022年2月27日(日)14時より、冬の朗読会「安房直子の山の童話集『風のローラースケート』を聴く会」を開催します!!

ウェビナー形式での視聴となり、お客さまのお顔は映りませんので、ちょっと見てみたいと思われた方もお気軽にご参加ください。

 

◎日時・プログラム

2022年2月27日(日)14時開演(13時30分から接続開始)上演時間/約120分

【プログラム】

構成・演出 永田陽二

・風のローラースケート 森田麻知代

・谷間の宿 永田陽二

・花びらづくし 野田香苗

・てんぐのくれためんこ 安倍久美子

司会進行 石川珠美
タイトルバックイラスト 仁藤眞理子


山の中での不思議な生き物と人間の交流を描いた連作集から4作品を選びました。個性的で躍動感のある語り手による安房直子の幻想世界をどうぞお楽しみください。

★山の童話集『風のローラースケート』安房直子福音館文庫)より

 

◎ご参加の流れ

①はじめに、参加費をお振り込みください。

  【参加費】1000円

  【振込先】ゆうちょ銀行

  ・店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 

  ・店番:008

  ・預金種目:普通預金

  ・記号:10030
  ・口座番号:3317591(7ケタ→ゆうちょ銀行以外からのお振込の場合)
  ・番号:33175911(8ケタ→ゆうちょ銀行からのお振込の場合)
  ・名前:ライラックドオリノカイ

②次に、下記の登録受付フォームのリンクから、お名前・連絡先・振込日などを登録ください。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_GzNUPmqoSES5bcIjvOe8WQ

※主演者からご紹介された方は、どなたの紹介か記入できる欄がありますので、出演者のお名前を入力ください。「*」マークのある項目入力は必須ですが、末尾の質問・ひとこと欄への入力は任意です。

【振込締め切り】2/20(日)

③振り込み確認ができ次第、当日の視聴URLが届きます。

 ※手作業で確認しますので、数日かかる場合があります。あまりに遅いようでしたら、事務局(awanaoko.lilac@gmail.com)までお問い合わせください。 

④当日(2/27(日)14:00~)、視聴URLをクリックして、会をお楽しみください!

 当日の遅刻参加や早退は、ご自由にできますので、事務局へのご連絡は不要です。

 【ご注意ください】

当日の視聴URLは、ZOOMからお送りします。

送信アドレス:no-reply@zoom.usからのメールを受信できるように、設定をお願いします。

たくさんのお申し込みを、お待ちしております。

f:id:lilac-dori:20211127203205j:plain

 

1月ライラック文庫の会ご報告

1月10日(日)、

ZOOMにて、ライラック文庫の会を開催しました。

f:id:lilac-dori:20210721155022j:plain

参加者は13名(内スタッフ3名)、

常連さんも定着しつつ、新規でのご参加もありで、会の広がりを感じました。

参加者の方のおひとりの、「ひめねずみとガラスのストーブ」のひめねずみのように、今までひっそりひとりで安房直子さんファンをしていたのに、こんなにたくさんのひめねずみがいたなんて、というお言葉が心に残りました。

 

 

◎「私の紹介したい安房作品」発表を終えて

やしまかずこ『ハンカチの上の花畑』

童話というジャンルは、幅広い年齢が
触れることができて、深く心に刻まれる
すごいものだと改めて感じました。
時代を背景とする
自然破壊や戦争への警告
宗教

食卓と、食される物への畏敬
成長や夢
それが、やさしくてあたたかい眼差しを通して描かれる。
物語に
沢山の祈りが折々
押し花のように
はさまれる妙味を感じました。
それが、それぞれの人の体や言葉を通してまた共有できることの楽しさを
よくよく感じる貴重な機会に感謝します。

 

松多有子『小さいやさしい右手』

ご紹介したのは「小さいやさしい右手」。

大人になって再読し、話中の娘と魔物の関係で「恨み、復讐するのではなく、赦し、更に相手の為につくすこと」「真理を理解した時に光の存在になる」ところに、聖書の言葉に通じる深いものを感じ、安房さんとキリスト教との関係を知って益々、私にとって特別な話となった。

本会では参加者各々に大切な安房作品があり、其々の読み方、感じ方を皆で共有出来たことが嬉しく、とても楽しかった。

 
石川珠美『長い灰色のスカート』
この作品のすごい所は、山の精のような長い灰色のスカートの女の造形です。この「女」はいったい何者なのか。それは、山での神隠し、人さらいといった、得体の知れない現象の象徴であるかのようです。ひだスカートは、母の胎内、命を産み出す子宮のメタファであるようにも感じます。スカートのひだ世界に登場するのは、男性ばかりというのも面白いです。
 

◎単行本未収録作品朗読

海原由佳『月夜のオルガン』

初めての朗読でとても緊張しましたが、貴重な機会をいただき感謝しています。朗読の練習をする際に、自分で作品を書き起こしてみたのですが、目で読むだけでなく手で書いたり、声に出して朗読したりすることで、五感を使ってより深く作品を味わうことができました。お話の中で兄弟だぬきが心を込めてひいたオルガンのキイが「喜びと感激にみちて」歌ったように、心を込めて朗読することで、安房さんの作品が美しい物語を奏でてくれて心に届くのかもしれません。本当に素敵な体験をありがとうございました。

f:id:lilac-dori:20211127203009j:plain

 

◎参加者感想

 

今日はありがとうございました。
振り返ってみると、安房直子さんから、色々と数々の宝物を頂いていた事を思いだせて良かったです。
「月夜のオルガン」良かったです。小たぬきの兄弟がかわいくて、
音楽への純粋な思いが伝わって来て、安房さんは、本当の音楽の力を感じていらしたのだろうと、嬉しくなりました。
それから、「たんぽぽ色のリボン」と、「白い白いえりまきのはなし」読んだ事が無いので、読もうと思います。楽しみです。(匿名希望)
 
今日はとても楽しい時間を
ありがとうございました。
仲間に出会えたひめねずみのように
幸せな気持ちになれました。
 
中古で買おうかと思っていた
安房直子コレクションの再販など、
貴重な情報もたくさん知れて、
とても嬉しかったです。(匿名希望)
 

f:id:lilac-dori:20211127203145j:plain

◎次回文庫の会予定

 
次回文庫の会は、2022年5月~6月の予定です。
現在、ライラック通りの会では、安房直子さんの単行本未収録作品の永年保存作業を進めています。
次回文庫の会は、そのご報告をしたいと思います。

 

 

文庫の会<1月9日(日)>ZOOM開催のお知らせ ほか

だんだん寒くなってきましたね。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

ライラック通りの会では、オンラインでの文庫の会を1月に開催予定。参加者を募集中です!!

 

 

 

◎1月文庫の会 ZOOM開催 参加者募集中!!

~みなで、たのしく語り合いましょう!!

f:id:lilac-dori:20210430202526j:plain

日時:2022年1月9日(日)10時~13時

参加費:504円(※84円切手6枚をお送りください)

お申込みいただいた方に、参加費送付先をご連絡します。

お申込み先:awanaoko.lilac★gmail.com(★を@にしてお送りください)

定員:10名前後(先着順)

 

プログラム:

安房直子作品紹介~私の紹介したい安房作品

(やしまかずこ・松多有子・石川珠美)

◆単行本未収録作品朗読

「月夜のオルガン」(朗読 海原由佳)

◆懇談

※文庫の会参加URL、タイムスケジュールなど詳細は、個別にメールでお送りします。

 

f:id:lilac-dori:20211127203044j:plain

◎冬の朗読会のお知らせ

昨年に引き続きZOOMによるオンライン開催でお送りします。
安房直子の山の童話集「風のローラースケート」を聴く会》

演出:永田陽二

日時:2022年2月27日(日)14時〜
料金:1000円(要予約)
登録受付フォームのリンク(※1月更新のブログでご案内します)からご予約後、ゆうちょ銀行にてご入金ください。接続URLをお送りいたします。
上演時間/約120分

朗読プログラム:

「風のローラースケート」森田麻知代
「谷間の宿」永田陽二
「花びらづくし」野田香苗
「てんぐのくれためんこ」安倍久美子

★山の中での不思議な生き物と人間の交流を描いた連作集から4作品を選びました。個性的で躍動感のある語り手による安房直子の幻想世界をどうぞお楽しみください。

f:id:lilac-dori:20211127203220j:plain

◎記録誌『こみち』2号・3号、発行について

安房直子記録誌「こみち」は、春(4月予定)に 2号と3号を同時発行いたしま
す。お楽しみに!
2号 「花豆通信」5~13号まで収録
3号 「秋の日に~安房直子さんのエピソード」お話会(2021.10.17)ZOOM開催
を全収録

f:id:lilac-dori:20211127203102j:plain

◎スタッフ募集中!!

ライラック通りの会では、各会の会計、単行本未収録作品永年保存作業の校正スタッフなど、世話人のサポートをしてくださるかたを募集中です。

会計だけ、ブログ更新だけ、校正だけ、など、ささやかな事からで大歓迎ですので、事務局のメールアドレスまで、ご連絡ください。お待ちしております。

お申込み先:awanaoko.lilac★gmail.com(★を@にしてお送りください)